TOPへ戻る
最終更新日:2009.5.15
名称

イカリソウ(錨草)

英名
Barrenwort, Bishop’s hat, Fairy wings, Horny goatweed
学名
Epimedium grandiflorum
名の由来
「イカリソウ」は、花が錨のような形をしているところから。
性状
多年草/冬季休眠
大きさ
高さ:30~40cm/小葉長:4~6cm/花径:20mm
形態
春先に地際から、細く硬い赤褐色の茎を叢生する。葉は1~3回三出複葉で、長い柄がある。小葉は先の尖った心形で、細かい鋸歯がある。4~5月頃、茎の途中から長い花柄を出し総状花序をつける。萼片は4枚づつ2重につき、内側の4枚は花弁のように淡紅紫色となる。4枚の花弁には長い距があり、前方に伸びる。
品種
変種や近縁種が多数ある。また、園芸品種も多い。
原産地
日本(北海道~本州)
生育
平野部や低い山地の落葉樹林などに自生する。
利用
庭植え、鉢植え。全草が薬用になる。
イカリソウ
東京都文京区、小石川植物園
2007.3.28
イカリソウ
東京都文京区、小石川植物園
2009.4.11
イカリソウ
東京都文京区、小石川植物園
2007.3.28
TOPへ戻る