TOPへ戻る
最終更新日:2006.2.22
名称

シナユリノキ(支那百合の樹)

学名
Liriodendron chinese
性状
高木/冬季落葉
大きさ
高さ:15~40m/葉長:20~40cm/花径:45~55mm
形態
樹形は広円錐形。形が袢纏に似た葉の先端は2つに別れ、長い柄があり、互生する。葉は新芽が紫褐色で、緑色に変わり、秋には黄褐色になる。5~6月頃、新枝の先にカップ形の花を1個づつ上向きに咲かせる。花は緑色の6弁花。
類似
ユリノキ」に似る。葉はやや大きく、深く切れ込み、新葉の色が紫褐色になる。花はカップが浅く、緑が濃くてオレンジ斑は入らず、雌しべが大きく突き出ている。
原産地
中国南部、ベトナム
生育
標高1,000~1,500mの山地林に自生。
シナユリノキ
東京都新宿区、新宿御苑
2005.5.18
シナユリノキ
東京都新宿区、新宿御苑
2005.5.18
NOTE
TOPへ戻る