TOPへ戻る
最終更新日:2006.12.27
名称

ウケザキオオヤマレンゲ(受咲大山蓮華)

学名
Magnolia x wieseneri
Magnolia x watsonii
名の由来
「ウケザキオオヤマレンゲ」は、上向きに咲く「オオヤマレンゲ」の意味。
性状
小高木/冬季落葉
大きさ
高さ:8~10m/葉長:30cm/花径:120~150mm
形態
円錐形~半球状の樹形を作る。樹皮は灰褐色で滑らか。小枝は紫色を帯びる。葉は互生するが、枝先に集まって放射状につく。葉は表面は緑色、裏面は軟毛が散生していて白っぽく、縁が波うつ。5~6月頃、1年枝の先端に甘い芳香のある花を、上向きに咲かせる。花弁はクリームがかった白で、雄しべの根元が濃い赤紫、雌しべは黄緑色。果実は多くの袋果が集まった集合果。
類似
葉は「ホオノキ」の方がやや大きい。花は「ホオノキ」は上向きに、「オオヤマレンゲ」は下向きに咲かせる。
原産地
種間交雑種。自然交配か手を掛けて交配されたかは不明。
交配親は 「オオヤマレンゲ(大山蓮華) M. sieboldii subsp. Japonica」〔日本(関東以南の本州、四国、九州)、朝鮮半島、中国原産〕と、 「ホオノキ(朴の木) M. hypoleuca」〔日本全国、中国原産〕。
利用
庭木、公園樹。
ウケザキオオヤマレンゲ
東京都新宿区、新宿御苑
2005.5.18
ウケザキオオヤマレンゲ
花が咲いている
東京都新宿区、新宿御苑
2005.5.18
ウケザキオオヤマレンゲ
花が咲いている
東京都新宿区、新宿御苑
2005.5.18
ウケザキオオヤマレンゲ
東京都新宿区、新宿御苑
2005.5.18
ウケザキオオヤマレンゲ
東京都新宿区、新宿御苑
2005.5.18
NOTE
TOPへ戻る