TOPへ戻る
最終更新日:2014.6.9
名称

ウチワノキ(団扇の木)

シロレンギョウ(白連翹)
英名
White forsythia
学名
Abeliophyllum distichum
名の由来
「ウチワノキ」は、果実の回りにウチワ型の翼ができるところから。
性状
低木/冬季落葉/雌雄異株
大きさ
高さ:1~2m/葉長:2~5cm/花径:15mm/果径:1.5~2cm
形態
株元から分枝する。葉は先端が尖った卵形で、全縁で対生する。2~4月頃、葉の展開前に白色~淡紅色の芳香がある花を数個下向きに咲かせる。花は4深裂して平開し、裂片の先端は浅く2裂する。果実は、扁平な円形の蒴果で、周囲に大型の翼がある。
原産地
朝鮮中北部
生育
強健で栽培容易。刈り込みにも耐える。
利用
庭植え。
ウチワノキ
東京都文京区、小石川植物園
2007.3.17
ウチワノキ
東京都文京区、小石川植物園
2007.3.17
NOTE
TOPへ戻る