TOPへ戻る
最終更新日:2014.6.16
名称

ソケイ属

ジャスミン
学名
Jasminum
解説
ソケイ属の植物は、世界で約300種類が知られている。アジアからアフリカの熱帯、あるいは亜熱帯地方が原産。
ほとんどの種は白、または黄色の花を咲かせる。花が強い芳香を持ち、香水やジャスミン茶の原料として使用されることで有名だが、芳香のない種類も多く、「オウバイ」や「キソケイ」も香りはない。
NOTE
TOPへ戻る