TOPへ戻る
最終更新日:2007.5.11
名称

ソケイ(素馨)

オオバナソケイ(大花素馨)
英名
Poet’s jasmine, Common jasmine
学名
Jasminum grandiflorum
Jasminum officinale
名の由来
「ソケイ」は、中国の美人の名前に由来。
性状
低木/常緑/半蔓性
大きさ
高さ:2~3m/小葉長:1~2cm/葉長:5~12cm/花径:20~25mm
形態
茎は軟弱で、他物により掛かるようにして生育する。葉は小葉5~11枚からなる奇数羽状複葉で、対生する。小葉は先が尖った卵形で、全縁。6~11月頃、茎頂に白い花を数個ずつ咲かせる。花は筒状で、先端が5裂し、平開する。花には強い芳香がある。
品種
花色がピンクの品種がある。
原産地
中国南部、インド、イラン
生育
耐寒温度は0℃前後。
利用
鉢植え、庭植え。花は、香水の原料に利用される。
ソケイ
東京都新宿区、新宿御苑
2005.12.7
ソケイ
東京都新宿区、新宿御苑
2005.9.11
ソケイ
葉と花
東京都新宿区、新宿御苑、温室
2005.5.18
ソケイ
東京都新宿区、新宿御苑
2005.8.9
ソケイ
東京都新宿区、新宿御苑、温室
2005.5.18

品種

特徴
花色が薄桃色。
ソケイ
千葉県習志野市、住宅
2007.6.10
NOTE
TOPへ戻る