TOPへ戻る
最終更新日:2016.7.19
名称

セイヨウイボタノキ(西洋水蝋の木)

ヨウシュイボタ(洋種水蝋)
プリベット
英名
European privet, Common privet
学名
Ligustrum vulgare
名の由来
「ネズミモチ」は、葉が「モチノキ」に似て、果実がネズミの糞に似ていることから。
性状
低木~小高木/常緑または冬季落葉
大きさ
高さ:3~4m/葉長:4~6cm/花序長:5~15cm/花長:6~8mm/果長:6~7mm
形態
主幹を立てるが、基部から多くの枝を出す。樹皮は灰褐色で小さな斑点の皮目がある。葉は全縁の卵形で、対生する。葉は暖地では常緑、寒冷地では落葉する。6月頃、1年枝の先から円錐花序をだして芳香のある白い花を多数つける。花冠は4裂して裂片が反り返る。長い2個の雄しべが突き出す。果実は長楕円形で、12月頃に黒く熟す。
品種
斑入り葉の品種がある。
原産地
ヨーロッパ、アフリカ北部
生育
強健で、各種公害にも強く、刈り込みにも耐える。
利用
庭木、公園樹、公共緑地、道路分離帯、生け垣。

品種

特徴
斑入り葉
セイヨウイボタノキ
東京都新宿区、住宅
2010.5.28
セイヨウイボタノキ
千葉県千葉市、店舗
2016.5.21
セイヨウイボタノキ
東京都新宿区、住宅
2010.5.28
セイヨウイボタノキ
東京都新宿区、住宅
2008.5.25
セイヨウイボタノキ
千葉県習志野市、緑地
2016.7.8_014
セイヨウイボタノキ
東京都新宿区、住宅
2008.5.25
セイヨウイボタノキ
千葉県千葉市、店舗
2016.5.21
セイヨウイボタノキ
千葉県千葉市、店舗
2016.5.21
セイヨウイボタノキ
東京都新宿区、住宅
2008.5.25
NOTE
TOPへ戻る