TOPへ戻る
最終更新日:2006.6.4
名称

ソヨゴ(冬青)

フクラシバ(膨ら柴、膨らし葉)
学名
Ilex pedunculosa
名の由来
「ソヨゴ」は、葉が硬く、風に揺れて音を立てるところから、“そよぐ”の意。
「フクラシバ」は、葉を熱すると膨れてパチンと音を立ててはじけるので。
性状
小高木~高木/常緑/雌雄異株
大きさ
高さ:5~10m/葉長:4~8cm/雌花径:7mm/雄花径:5mm/果径:0.8cm
形態
樹皮は灰白色で平滑。葉は光沢がある濃緑色で、先が尖った長楕円形で、全縁でゆるく波打ち、長い葉柄があり、互生する。5~6月頃、葉腋に白い花を1~3個咲かせる。雌花は花弁が5~6枚で、花柄が長く、中央に黄緑色の雌しべがあり、雄しべは退化して小さい。雄花は花弁が3~4枚で、花柄が短く、雄しべと退化した雌しべがある。果実はほぼ球形の核果で、11~翌2月頃に赤く熟し、長い果柄の先に垂れ下がる。
原産地
日本(本州~九州)、台湾、中国
生育
耐寒性は比較的あるが、暖地に適する。成長は遅く、耐隠性に優れる。
利用
庭木、庭園樹、公園樹。材は、床柱、器具材、また、良質の炭として利用される。枝葉は祭神用、年始の松飾の添えに使われる。
ソヨゴ
生け垣 実がなっている
東京都新宿区、緑地帯
2006.2.18
ソヨゴ
実がなっている
東京都新宿区、住宅
2005.12.30
ソヨゴ
花が咲いている
東京都新宿区、緑地帯
2006.5.30
ソヨゴ
雌花
東京都新宿区、緑地帯
2006.5.30
ソヨゴ
雄花
東京都新宿区、緑地帯
2006.5.30
ソヨゴ
果実
東京都新宿区、緑地帯
2006.2.18
NOTE
TOPへ戻る