TOPへ戻る
最終更新日:2016.7.4
名称

ワシントンヤシ(ワシントン椰子)

ワシントニア・フィリフェラ
シラガヤシ(白髪椰子)
オキナヤシ(翁椰子)
英名
California fan palm, Desert fan palm, Petticoat palm, Cotton palm
学名
Washingtonia filifera
名の由来
「ワシントンヤシ」は、アメリカの初代大統領ジョージ・ワシントンに因む。
性状
高木/常緑
大きさ
高さ:12~20m/幹周り:160cm/葉身長:1〜1.5m/葉柄長:0.8〜1.2m/果径:7〜9mm
形態

太い幹は分枝せず、垂直に伸びる。葉は長めの葉柄があり、扇状に深裂し、茎頂に叢生する。葉先はまっすぐ伸びて放射状に広がるが、風などで折れ曲がって垂れ下がり、葉縁の白い糸状にほつれた繊維が多数まとわりつく。葉は下の方から枯れていくが、長期間幹に残り、枯葉の蓑をまとったようになる。葉柄には棘状のギザギザがあり、基部は二股に裂け、逆V字型になる。5~7月頃、長い花序を出し、黄白色の粒状をした小花を多数咲かせる。花序の先端は重みで垂れ下がる。花は両性花で、芳香がある。果実は球形の液果で、藍黒色に熟す。

原産地
アメリカ合衆国(カリフォルニア州、アリゾナ州、ニューメキシコ州)
生育
温帯、亜熱帯気候を好む。生育は非常に早い。乾燥、高温に強い。多湿に弱い。耐寒性は-6〜7℃程度。
利用
庭植え、公園樹、街路樹。
TOPへ戻る