TOPへ戻る
最終更新日:2012.5.7
名称

バンクシア・エリキフォリア

英名
Heath banksia
学名
Banksia ericifolia
名の由来
「Heath banksia」は、「Heath=エリカ」のような葉を持つところから。
性状
低木/常緑
大きさ
高さ:1~6m/葉長:1.5cm/花序長:15~20cm
形態
葉は線形でらせん状につく。秋~冬に、ブラシのような円筒形の花序にオレンジ色の花を咲かせる。種子は黒く硬い殻で覆われ、山火事などの刺激によってこれが裂け、種子を出す。
品種
オーストラリアでは園芸品種が流通するようだ。
原産地
オーストラリア南東部
生育
沿岸部近辺に自生。強風の沿岸部では樹高が低い。
利用
庭植え、鉢植え。
バンクシア・エリキフォリア
東京都江東区、夢の島熱帯植物館
2010.4.18
バンクシア・エリキフォリア
東京都江東区、夢の島熱帯植物館
2010.4.18
バンクシア・エリキフォリア
東京都江東区、夢の島熱帯植物館
2010.4.18
バンクシア・エリキフォリア
果実
東京都江東区、夢の島熱帯植物館
2010.4.18
NOTE
TOPへ戻る