TOPへ戻る
最終更新日:2012.5.7
名称

ツボサンゴ(壺珊瑚)

ヒューケラ・サンギネア
英名
Coral bells, Alumroot
学名
Heuchera sanguinea
名の由来
「ツボサンゴ」は、壷形の花が紅いサンゴのようにつくところから。
性状
多年草/常緑(寒地では冬季落葉)
大きさ
高さ:30~50cm/葉長:5~7cm/花径:5mm
形態
葉は心形~円形で、浅く切れ込みがあり、根生する。5~7月頃、花茎を長く伸ばし、鐘形の濃紅色の小花を鈴なりにつける。花のように見えるのは萼で、本当の花は小さく目立たない。
原産地
北アメリカ西南部、メキシコ
生育
強健で栽培容易。日当たりを好むが、耐陰性もある。高温多湿に弱いので、夏は涼しく。開花には低温が必要なので、冬は戸外で管理。繁殖は株分けか種まき。開花は播種の2年後。
利用
花壇、鉢植え、切り花。
ツボサンゴ
千葉県習志野市、自宅
2012.4.2
ツボサンゴ
千葉県習志野市、自宅
2012.4.30
ツボサンゴ
千葉県習志野市、自宅
2012.4.30
ツボサンゴ
千葉県習志野市、自宅
2012.4.2
TOPへ戻る