TOPへ戻る
最終更新日:2016.7.4
名称

ユズリハ(譲葉、楪、交譲木)

学名
Daphniphyllum macropodum
Daphniphyllum himalaense subsp. Macropodum
名の由来
「ユズリハ」は、初夏に新葉が展開した後に、古い葉が落葉することから。
性状
高木/常緑/雌雄異株
大きさ
高さ:10m/葉長:15~20cm/花序長:4~8cm/果長:1cm
形態
幹は灰褐色で皮目がある。葉は深緑色で光沢があり、先が尖った長楕円形で、枝先に互生する。葉柄は長く、赤色を帯びる。枝先に若葉が上向きに成長し始める頃、古い葉は下を向き、初夏には落葉する。4~5月頃、前年の葉腋から総状の花序を出す。雄花の蕾は赤味を帯びているが、開くと葯は黒くなる。雌花は柱頭が赤~紫褐色。果実は楕円球形の核果で、10~12月頃、白く粉をふいたような黒紫色に熟す。
品種
斑入り葉のもの、葉柄が赤くならないものがある。
原産地
日本(本州中部~沖縄)、朝鮮南部、中国
生育
暖地に適す。日陰に耐える。成長は遅い。
利用
庭木、公園樹。新旧の世代が交代して絶えることなく続くということから、縁起の良い物として正月や祝い事の飾り物として用いられる。
ユズリハ
東京都新宿区、集合住宅
2006.4.18
ユズリハ
千葉県習志野市、住宅
2016.4.19
ユズリハ
東京都新宿区、集合住宅
2006.4.18
ユズリハ
東京都新宿区、街路樹
2006.12.11
ユズリハ
千葉県習志野市、緑地帯
2006.12.31
ユズリハ
雌花
東京都新宿区、集合住宅
2006.4.30
ユズリハ
雄花
千葉県習志野市、住宅
2016.4.19
ユズリハ
果実
東京都新宿区、街路樹
2006.12.11
NOTE
TOPへ戻る