TOPへ戻る
最終更新日:2016.6.13
名称

チューリップ

ウコンコウ(鬱金香)
英名
Tulip
学名
Tulipa gesneriana
性状
多年草/夏季休眠/球根(鱗茎)
大きさ
高さ:20~60cm/葉長:10~30cm/花径:50~90mm
形態
葉は先が尖った楕円状披針形で、葉縁は波打ち、基部は茎を抱き、下の方にまとまってつき、互生する。4~5月頃、花茎を伸ばし、頂に鐘形の花を上向きにつける。花被片は6枚で平開しない。
品種
多数の園芸品種がある。4月中旬に咲く早咲き、4月下旬~5月上旬に咲く晩咲き、その中間型がある。花の咲き方には、一重咲き、八重咲き、ユリ咲き、パーロット咲き、フリンジ咲き、枝咲きなどがある。花色は赤、黄、白、桃、青紫、暗紫色、橙、緑、黒、複色など。
原産地
園芸品種。16世紀にトルコからヨーロッパに導入されたが、野生種は不明。
生育
10~12月に球根の植え付け。夏の暑さとウィルスに弱い。
利用
花壇植え、鉢植え、切り花、水栽培。
チューリップ
東京都江東区、夢の島公園
2010.4.18
チューリップ
千葉県習志野市、宅地
2007.4.1
チューリップ
千葉県習志野市、宅地
2007.3.27
チューリップ
東京都新宿区、公園
2006.4.22
チューリップ
東京都新宿区、公園
2006.4.22
チューリップ
千葉県千葉市、三陽メディアフラワーミュージアム、屋内
2014.3.9
チューリップ
千葉県千葉市、三陽メディアフラワーミュージアム
2014.4.20
チューリップ
千葉県千葉市、三陽メディアフラワーミュージアム
2014.4.20

品種

特徴
一重咲き
チューリップ
東京都江東区、夢の島公園
2010.4.18
特徴
八重咲き
チューリップ
東京都新宿区、公園
2006.4.30
チューリップ
千葉県千葉市、住宅
2016.4.10
特徴
ユリ咲き=花弁の先が細く尖って、花全体が細身。
チューリップ
東京都新宿区、公園
2006.4.22
特徴
パーロット咲き=花弁がオウムの羽根のようにフリル状で、縁には荒い切れ込みが入る。
チューリップ
東京都新宿区、公園
2006.4.22
特徴
フリンジ咲き=花弁の縁が細かいギザギザになる。
チューリップ
東京都新宿区、公園
2006.4.22
チューリップ
東京都江東区、夢の島公園
2010.4.18
チューリップ
東京都江東区、夢の島公園
2010.4.18
NOTE
TOPへ戻る