最終更新日:2011.10.31
名称

アメリカニワトコ(アメリカ接骨木、アメリカ庭常)

カナダニワトコ(カナダ接骨木、カナダ庭常)
英名
American elder
学名
Sambucus nigra subsp. canadensis
Sambucus canadensis
分類
Adoxaceae (Viburnaceae)
Sambucus(サンブクス)
性状
低木/冬季落葉
大きさ
高さ:3~6m/小葉長:5~15cm/花序径:8~12cm/花径:5~6mm/果径:4mm
形態
株立ち樹形。葉は小葉5~9枚の奇数羽状複葉で、対生する。小葉は先の尖った長楕円形~広楕円形で細かい鋸歯がある。4~5月頃、葉の展開と同時に本年枝の先に散形花序を出し、淡黄白色の小さな花を多数つける。花は白色で、雌しべは薄黄緑色、雄しべは薄黄色で5本。果実は球形で、夏~秋に黒紫色に熟す。
類似
セイヨウニワトコ」の亜種。原産地以外の差異は不明。
原産地
北アメリカ
利用
庭木、公園樹。蕾、茎、葉、根は薬用に利用される。実は加熱調理してパイ、ソース、ジュースなど食用にされる。
アメリカニワトコ
東京都小平市、東京都薬用植物園
2010.5.30
アメリカニワトコ
東京都小平市、東京都薬用植物園
2010.5.30
アメリカニワトコ
東京都小平市、東京都薬用植物園
2010.5.30
アメリカニワトコ
東京都小平市、東京都薬用植物園
2010.5.30
ページ top