TOPへ戻る
最終更新日:2009.5.15
名称

クロバナロウバイ(黒花蝋梅)

ニオイロウバイ(匂い蝋梅)
英名
Sweetshrub, Spicebush, Strawberry-bush
学名
Calycanthus floridus var. floridus
Calycanthus fertilis
性状
低木/冬季落葉
大きさ
高さ:0.8~2m/葉長:6~15cm/花径:40~50mm
形態
株立ち樹形になる。葉は先の尖った長卵形で、全縁で、対生する。新枝や葉柄は有毛で、葉の裏面にも短い軟毛が密生している。4~6月頃、前年枝の葉腋から生じる短枝に、暗紅紫色の花を咲かせる。花弁と萼片からなる花被片は多数で、内側の花被片は平開しない。花には苺のような強い芳香がある。樹皮にも芳香がある。
品種
花が大型のもの、花弁が開くもの、花色が明紅紫色や白色、薄黄色のものなど、園芸品種が多数ある。
原産地
北アメリカ東部
生育
強健で栽培容易。日向を好む。
利用
庭木、花材。種子は有毒。
クロバナロウバイ
東京都調布市、神代植物公園
2009.4.22
クロバナロウバイ
東京都文京区、小石川植物園
2007.4.10
クロバナロウバイ
東京都調布市、神代植物公園
2009.4.22
TOPへ戻る