TOPへ戻る
最終更新日:2022.5.15
ヒルガオ科
 
Evolvulus(エウォルウルス)
エボルブルス属
アサガオガラクサ属
エウォルウルス属
名称

エボルブルス・ヌッタリアヌス

エボルブルス・ピロスス
英名
Shaggy dwarf morning-glory
学名
Evolvulus nuttallianus
Evolvulus pilosus
解説
「アメリカンブルー」の名で園芸品種が流通するが、これは「エボルブルス・グロメラツス Evolvulus glomeratus」、または「エボルブルス・ヌッタリアヌス Evolvulus nuttallianus」(旧学名「エボルブルス・ピロスス Evolvulus pilosus」)、あるいはこの2種の交雑種とされ、はっきりとしない。園芸品種名は「‘ブルー・デイズ Blue Daze’」。
名の由来
種小名の「nuttallianus」は、人名の“トーマス・ナトールThomas Nutall”に由来。18〜19世紀、イギリスの植物学者。
性状
多年草/常緑/匍匐性
大きさ
高さ:10~15cm/葉身長:0.8~2cm/葉幅:1.5~5mm/花径:8~12mm
形態
株元から分枝し、茎は斜上したあと匍匐する。葉や茎は白毛で覆われる。葉は先が尖ったの長楕円形〜披針形で、柄は無く、互生する。6~12月頃、茎先の葉腋に花を咲かせる。花は5花弁が合着し、薄赤紫色で中心部が白い。一日花で、晴れた日の朝に開き、夕方にはしぼむ。
原産地
北アメリカ中央部
生育
砂漠の草原や砂質の乾燥地帯に自生する。
TOPへ戻る