TOPへ戻る
最終更新日:2007.9.25
名称

アケビ(木通、通草)

学名
Akebia quinata
名の由来
「アケビ」は、“開け実”から転訛したといわれる。
性状
木本/冬季落葉/雌雄異花/蔓性(巻きつき)
大きさ
小葉長:3~5cm/雄花径:10~16mm/雌花径:25~30mm/果長:5~8cm
形態
茎が他物に巻きついて成長する。葉は小葉5枚からなる掌状複葉で、互生する。小葉は長楕円形〜長倒卵形で全縁。4~5月頃、短枝の先に総状花序を作り、下垂させる。一番基部に雌花1〜3個、枝先に雄花3〜6個を咲かせる。花は花弁がなく、淡紅紫色の萼片3個からなり、雌しべ雄しべはくすんだ紫色。雌花の萼片の方が色が濃い。果実は液果で、秋に白~淡紫色に熟し、縦に割れて半透明のゼリー状の果肉に包まれた黒い種子が露出する。
品種
葉に斑が入るものや、花が白い園芸品種がある。
原産地
日本(本州~九州)、中国(中南部)
生育
日当たりのよい山野に自生。強健で栽培容易。成長は早い。寒冷地には不適。2本以上の株で人工授粉しないと結実しにくい。
利用
フェンス、トレリス、壁面緑化。果実はそのまま食用。若葉は調理して食用。果実と木質化した茎は薬用。蔓は皮をはいで、籠などの材料になる。
アケビ
東京都新宿区、住宅
2006.4.3
アケビ
東京都新宿区、工事現場
2007.4.26
アケビ
東京都新宿区、街路樹
2007.9.25
アケビ
東京都新宿区、工事現場
2007.4.26
アケビ
雌花(手前)と雄花(後ろ)
千葉県習志野市、住宅
2007.4.1
アケビ
雌花
東京都新宿区、工事現場
2007.3.31

品種

特徴
白花。
アケビ
東京都文京区、小石川植物園
2007.3.28
アケビ
雄花
東京都文京区、小石川植物園
2007.3.28
TOPへ戻る