TOPへ戻る
最終更新日:2009.6.4
名称

トキワウツギ(常盤空木)

学名
Deutzia nitidula
性状
低木/常緑
大きさ
高さ:1~2m/葉長:7~10cm/花径:10mm
形態
株立ち状になり、枝先が垂れる。葉は光沢がある濃緑色で、先が細く尖った長卵形で、短い葉柄があり、細かく鋭い鋸歯があり、対生する。5~6月頃、枝先に花序を作り、白い5弁花を咲かせる。花糸の両側には翼があり、先端が上に突出す。
原産地
中国
生育
日当たりを好むが、半日陰にも耐える。
利用
庭木、鉢植え。
トキワウツギ
千葉県習志野市、住宅
2009.5.22
トキワウツギ
千葉県習志野市、住宅
2009.5.22
トキワウツギ
千葉県習志野市、住宅
2007.5.26
NOTE
TOPへ戻る