TOPへ戻る
最終更新日:2016.4.1
名称

ハクサイ(白菜)

学名
Brassica rapa var. pekinensis
性状
一年草(秋〜翌初夏の越年性)
大きさ
高さ:100cm/花径:15~25mm
形態
秋に芽生え、ロゼット状で越冬し、春に花茎を伸ばす。葉は長倒卵形で、浅い鋸歯があり、波状に縮れ、肉厚で幅広く白い中肋がある。葉は螺旋状に互生し、幾重にも重なって結球、軟白化する。外側、葉の先端部はやや開く。春頃、花茎を伸ばし、先端に総状花序を作り、鮮黄色の4弁花を咲かせる。
品種
多様な栽培品種がある。半結球性、不結球性の品種もある。
原産地
地中海沿岸
生育
寒さに強く、栽培容易。霜が降りるような時は、外側の葉で包んで紐でしばって防寒する。交雑しやすい。
利用
葉を煮物、漬物など食用にする。
ハクサイ
千葉県習志野市、畑
2016.3.16
ハクサイ
保存していたものから開花
2016.3.14
TOPへ戻る