最終更新日:2015.12.22
名称

ケール

リョクヨウカンラン(緑葉甘藍)
ハゴロモカンラン(羽衣甘藍)
英名
Kale, Borecole
学名
Brassica oleracea var. acephala
分類
Brassicaceae (Cruciferae)
Brassica(ブラッシカ)
性状
多年草
大きさ
高さ:70〜80cm/花径:10~15mm
形態
秋に芽生え、ロゼット状で越冬し、早春頃から茎が伸び、葉と葉の間隔が開き、丈が高くなる。4月頃、茎先に総状花序を作り、黄色の4弁花を咲かせる。
品種
葉が灰緑色で縮みやシワが多いスコッチケール、葉が緑色で比較的シワが少ないシベリアンケール、葉が丸くシワがほとんど無いコラード、高さが3m以上にもなるジャージーケールなどがある。
原産地
地中海沿岸
生育
通常は夏に播種し、秋〜春に収穫する。温暖な気候条件であれば、通年栽培収穫が可能。やや暑さに弱い。
利用
若い葉を野菜として食用にする。栄養価が高く、一年中栽培できることから青汁の材料として利用される。ジャージーケールの茎は乾燥させて杖に加工される。葉の美しい品種は観賞用として利用される。

品種

特徴
葉が黒紫色で細かく縮れ、観賞用に利用される品種。
ケール
千葉県習志野市、住宅、鉢植え
2015.4.7
ケール
千葉県習志野市、住宅、鉢植え
2015.4.7
ページ top