TOPへ戻る
最終更新日:2014.8.18
名称

エリシマム・リニフォリウム

チェイランサス・プルプレア
英名
Alpine wallflower
学名
Erysimum linifolium
Cheiranthus linifolius
名の由来
「チェイランサス・プルプレア」は、旧学名の属名からの流通名。
性状
多年草/常緑
大きさ
高さ:40~60cm/葉長:5~10cm/花径:15~20mm
形態
茎は直立し、基部からよく分枝する。葉は長披針形で、浅く粗い鋸歯があり、互生する。2~5月頃、茎先に総状花序を作り、薄紫色の4弁花を咲かせる。
原産地
スペイン、ポルトガル
生育
日当たりを好む。やや移植を嫌う。高温多湿に弱いので、通常秋撒き一年草として扱う。
生育
花壇植え、鉢植え。

品種

名称

パステルパッチワーク‘Pastel Patchwork’

特徴
花色は咲き始めがパステルイエローで次第にピンク色になる。
エリシマム・リニフォリウム ‘パステルパッチワーク’
千葉県千葉市、三陽メディアフラワーミュージアム
2013.5.8
エリシマム・リニフォリウム ‘パステルパッチワーク’
千葉県千葉市、三陽メディアフラワーミュージアム
2013.5.8
エリシマム・リニフォリウム ‘パステルパッチワーク’
千葉県千葉市、三陽メディアフラワーミュージアム
2013.5.8
エリシマム・リニフォリウム ‘パステルパッチワーク’
千葉県千葉市、三陽メディアフラワーミュージアム
2013.5.8
名称

斑入り葉‘Variegatum’

コッツウォールドジェム‘Cotswold Gem’
特徴
斑入り葉。
エリシマム・リニフォリウム・斑入り葉
千葉県千葉市、三陽メディアフラワーミュージアム
2013.5.8
エリシマム・リニフォリウム・斑入り葉
千葉県千葉市、三陽メディアフラワーミュージアム
2013.5.8
エリシマム・リニフォリウム・斑入り葉
千葉県千葉市、三陽メディアフラワーミュージアム
2013.5.8
エリシマム・リニフォリウム・斑入り葉
千葉県千葉市、三陽メディアフラワーミュージアム
2013.5.8
TOPへ戻る