最終更新日:2016.2.1
名称

アジアンタム・ラッディアヌム

カラクサホウライシダ(唐草蓬莱羊歯)
コバホウライシダ(小葉蓬莱羊歯)
英名
Maidenhair
学名
Adiantum raddianum
分類
Pteridaceae
Adiantum(アディアントゥム)
名の由来
Adiantum」は、“濡れない”を意味するギリシア語の“アジアントス adiantos”に由来。葉が水をはじくところから。
性状
多年草/常緑(寒冷地では冬季休眠)
大きさ
高さ:30~50cm
形態
地中では根茎が横に這い、地際から3~4回羽状複葉の葉が叢生する。葉柄は黒~濃褐色で、硬く光沢がある。羽片は淡緑色の扇形で、上縁に粗く不規則な鋸歯がある。裏側に胞子嚢がつく。
品種
園芸品種が多数ある。
原産地
ブラジル
生育
乾燥に弱い。水切れさせたり、直射日光に当てると葉が枯れ込む。しかし、地上部が枯れても根が残っていれば復活する。水やり以外にも霧吹きで葉や茎に水をかけて湿度を高くする。
利用
鉢植え観葉。
アジアンタム・ラッディアヌム
東京都江東区、夢の島熱帯植物館、温室
2015.1.10
アジアンタム・ラッディアヌム
東京都新宿区、自宅、鉢植え
2004.1.3
アジアンタム・ラッディアヌム
東京都新宿区、新宿御苑、温室
2005.5.13
NOTE
ページ top