最終更新日:2017.6.1
名称

マツザカシダ(松坂羊歯)

学名
Pteris nipponica
分類
Pteridaceae
Pteris(プテリス)
性状
多年草/常緑
大きさ
高さ:50~80cm/葉身長:15~25cm/葉幅(栄養葉):8~15mm/葉幅(胞子葉):15~35mm/葉柄長(栄養葉):10~30cm/葉柄長(胞子葉):15~50cm
形態
地中では根茎が短く這い、葉は叢生する。栄養葉と胞子葉がある。葉は革質で、やや光沢がある緑色~濃緑色で、中央部が羽軸に沿って白っぽくなる。単羽状複葉で、頂羽片があり、通常1〜3対の側羽片がつく。羽片は幅広い線形で、不規則な鋸歯があり、葉縁は波打つ。胞子葉の葉柄は長く、葉幅は狭い。ソーラスは葉裏の縁につき、葉縁はやや裏側に巻き込まれる。
原産地
日本(千葉県以西の暖地、四国、九州)、朝鮮南部、台湾
生育
山地の沢沿い、山の斜面の薄暗いところなどに自生。
利用
鉢植え、庭植え。
マツザカシダ
東京都江東区、夢の島熱帯植物館、温室
2016.2.17
ページ top