TOPへ戻る
最終更新日:2011.8.15
名称

ウド(独活)

ヤマウド(山独活)
英名
Udo
学名
Aralia cordata
性状
多年草/冬季休眠/雌雄異花
大きさ
高さ:2~3m/小葉長:15~20cm/花序径:3~4cm/花径:3mm/果径:0.3cm
形態
茎や葉には短毛が生える。葉は二回羽状複葉で、長柄があり、互生する。小葉は先が尖った長楕円形で、基部は心形、鋸歯がある。8~9月頃、茎の上部が枝分かれし、球状の散形花序を円錐状に多数つけ、淡緑白色の花を咲かせる。花は雌雄があり、上部は両性花の花序、下部に雄花の花序がつく。果実は液果で、9~10月に黒紫色に熟す。
品種
野菜としてさまざまな品種が作られている。
原産地
日本(北海道~沖縄)、朝鮮半島、中国
生育
山野に自生。
利用
数少ない日本原産の野菜の一つで、若葉、蕾、芽および茎の部分が食用になる。根は薬用になる。流通する食用の白い「ウド」は、室で軟化栽培したもの。
ウド
東京都文京区、小石川植物園
2008.7.23
ウド
東京都文京区、小石川植物園
2008.7.23
ウド
東京都文京区、小石川植物園
2008.7.23
NOTE
TOPへ戻る