TOPへ戻る
最終更新日:2012.8.6
名称

ハンノキ(榛の木)

学名
Alnus japonica
性状
高木/冬季落葉/雌雄異花
大きさ
高さ:10~20m/葉長:5~13cm/雄花序長:5~6cm/果長:1.5~2cm
形態
幹は直立し、卵形の樹形になる。樹皮は暗灰褐色で、小さく割れて剥がれる。葉は先が尖った卵状長楕円形で、浅い不揃いの鋸歯があり、互生する。葉裏に葉脈が隆起する。1月~2月頃、葉が展開する前に花をつける。雄花序は枝の先端に尾状に垂れ下がる。雌花序は雄花序の下の葉腋につき、えんじ色の長楕円球形。毬果状の果穂は最初緑色で、10月頃暗褐色に熟す。果穂は中の種子が出た後も長く枝に残る。
原産地
日本(北海道~九州)、朝鮮、中国東北部
生育
湿原や沼沢地に自生する。根に根粒菌をもち、痩せ地でも育つ。
利用
材は、器具、薪炭、パルプなどに利用される。樹皮と果穂から染料やタンニンをとる。花粉アレルギーの原因となる。
ハンノキ
花が咲いている
東京都文京区、小石川植物園
2008.1.30
ハンノキ
東京都文京区、小石川植物園
2008.5.15
ハンノキ
東京都文京区、小石川植物園
2008.1.30
ハンノキ
葉と果実(未熟)
東京都文京区、小石川植物園
2008.5.15
ハンノキ
葉と果実(未熟)
東京都文京区、小石川植物園
2008.7.29
ハンノキ
葉と果実
東京都練馬区、石神井公園
2005.10.2
ハンノキ
雄花
東京都文京区、小石川植物園
2008.1.30
ハンノキ
雌花
東京都文京区、小石川植物園
2008.1.30
TOPへ戻る