TOPへ戻る
最終更新日:2014.10.6
名称

ゴボウ(牛蒡)

英名
Great burdock
学名
Arctium lappa
性状
二年草、または短命な多年草/冬季は寒冷地では地上部が枯れる
大きさ
高さ:1.5〜2m/葉長:40〜60cm/頭状花径:40〜45mm/種子長:5〜6mm/主根長:50〜100cm
形態
根は直根性で、著しく肥大する。葉は長い葉柄があり、地際から叢生する。葉身はハート形で、裏面には灰白色の綿毛を密生する。播種から2~3年目の春、茎を伸ばす。茎生葉は互生する。7〜8月頃、茎頂や葉腋に花序を作り、淡紅紫色の筒状花だけの頭状花を数個つける。総苞は球状で、総苞片は先が鉤状の針形。
品種
花色が白いものもある。作物としての栽培品種がいろいろある。
原産地
地中海沿岸、西アジア
生育
日当り水はけ良く。酸性土壌を嫌う。連作障害がある。
利用
根や葉は食用として利用される(根を食用にしているのは、日本と朝鮮半島だけ)。根や種子は薬用として利用される。
ゴボウ
茨城県つくば市、筑波実験植物園
2013.10.3
ゴボウ
千葉県習志野市、畑
2013.6.1
ゴボウ
千葉県習志野市、東邦大学、薬用植物園
2013.6.1
NOTE
TOPへ戻る