最終更新日:2017.10.15
名称

アスパラガス・エチオピクス

スギノハカズラ(杉の葉蔓)
アスパラガス・スプレンゲリ
アスパラガス・デンシフロルス
英名
Asparagus fern
学名
Asparagus aethiopicus
Asparagus sprengeri
Asparagus densiflorus
分類
Asparagaceae
Asparagus(アスパラグス)
性状
多年草/常緑/球根(塊茎)
大きさ
高さ:30~50cm/花径:5~7mm/果長:0.6~0.8cm
形態
茎は直立するが、軟弱で茎先は垂れる。茎には小さな棘がある。葉のように見えるのは葉状枝(仮葉)という枝で、細い披針形になる。4~5月頃、白い6弁花を咲かせる。果実は球形の液果で、秋~冬に赤く熟す。
原産地
南アフリカ
生育
強健で栽培容易。耐寒温度は0℃程度。
利用
観葉、切花。

品種

名称

スプレンゲリ‘Sprenger’

特徴
葉状枝はやや幅があり、不規則に茂る。
アスパラガス・エチオピクス ‘スプレンゲリ’
東京都新宿区、自宅、鉢植え
2007.3.1
アスパラガス・エチオピクス ‘スプレンゲリ’
千葉県習志野市、自宅、鉢植え
2012.9.27
アスパラガス・エチオピクス ‘スプレンゲリ’
花だけで葉がつかない茎がまれに出る
東京都新宿区、自宅、鉢植え
2009.8.6
アスパラガス・エチオピクス ‘スプレンゲリ’
葉状枝と花
東京都新宿区、自宅、鉢植え
2009.7.30
名称

メイリー‘Myers’

ミエルシー‘Myersii’
特徴
葉状枝が円錐形につき、直立する。
アスパラガス・エチオピクス ‘メイリー’
東京都調布市、神代植物公園、温室
2009.3.12
アスパラガス・エチオピクス ‘メイリー’
千葉県習志野市、住宅、鉢植え
2006.12.31
ページ top