TOPへ戻る
最終更新日:2014.11.25
名称

ドラセナ・フラグランス

コウフクノキ(幸福の木)
ニオイセンネンボク(匂千年木)
英名
Corn plant
学名
Dracaena fragrans
名の由来
「フラグランス」は、花に強い香りがあることから。
性状
低木~小高木/常緑
大きさ
高さ:5m/葉長:30~90cm
形態
茎を株立ち状に多数出し、直立して、分枝する。葉はやや波打った披針形で、基部は茎を抱く。成熟すると葉の中心から花序が出て、蕾は暗赤色で、花弁の内側は白い花を咲かせる。花は夕方から夜にかけて咲き、芳香がある。朱色の球形の果実ができる。
品種
園芸品種がいろいろある。
原産地
熱帯アフリカ
生育
強健で栽培容易。明るい状態を好むが、耐陰性があるので、室内でも育つ。繁殖は挿し木か取り木。
利用
鉢植え観葉。

品種

名称

マッサンゲアーナ‘Massangeana’

縞千年木(しませんねんぼく)
特徴
葉は緑色で、中央に淡黄色の縦斑が入る。
ドラセナ・フラグランス ‘マッサンゲアーナ’
東京都新宿区、ビル、鉢植え
2005.8.19
ドラセナ・フラグランス ‘マッサンゲアーナ’
千葉県千葉市、三陽メディアフラワーミュージアム、屋内、鉢植え
2014.8.24
名称

ビクトリア‘Victoria’

特徴
葉は黄緑色で、緑の縦斑が入る。
ドラセナ・フラグランス ‘ビクトリア’
東京都新宿区、店舗、鉢植え
2005.8.19
ドラセナ・フラグランス ‘ビクトリア’
千葉県千葉市、三陽メディアフラワーミュージアム、屋内、鉢植え
2013.6.29
ドラセナ・フラグランス ‘ビクトリア’
千葉県千葉市、三陽メディアフラワーミュージアム、屋内、鉢植え
2013.6.29
名称

ワーネッキー‘Warneckii’

白縞千年木(しろしませんねんぼく)
特徴
葉は濃緑色で、白い縦縞の斑が入る。
ドラセナ・フラグランス ‘ワーネッキー’
東京都新宿区、新宿御苑、温室、鉢植え
2005.8.9
ドラセナ・フラグランス ‘ワーネッキー’
千葉県千葉市、三陽メディアフラワーミュージアム、屋内、鉢植え
2013.6.9
ドラセナ・フラグランス ‘ワーネッキー’
千葉県千葉市、三陽メディアフラワーミュージアム、屋内、鉢植え
2013.6.9
NOTE
TOPへ戻る