TOPへ戻る
最終更新日:2012.7.30
名称

オオバギボウシ(大葉擬宝珠)

トウギボウシ(唐擬宝珠)
学名
Hosta sieboldiana
Hosta montana
性状
多年草/冬季休眠
大きさ
高さ:60~100cm/葉長:30~40cm/花長:4~6cm
形態
先が尖った卵状楕円形の葉が根生する。葉は緑色で、縦に走る脈が目立つ。6~8月頃、花茎を立ち上げて総状花序を作り、下から順に1日花をやや下向きに咲かせる。花は漏斗状筒形で、色は白~淡紫色。花の基部に白っぽい苞がつく。
品種
本州の太平洋側に自生するものを「オオバギボウシ」、日本海側に自生するものを「トウギボウシ」とする場合もある。
原産地
日本(北海道~九州)、朝鮮半島、中国
生育
強健で栽培容易。 耐寒性、耐陰性が強い。強光と乾燥には弱い。
利用
日陰の花壇、鉢植え。新芽は、「ウルイ(潤)」という名前で山菜として食用にする。
オオバギボウシ
茨城県つくば市、筑波実験植物園
2012.7.10
オオバギボウシ
東京都新宿区、新宿御苑
2008.7.21
オオバギボウシ
東京都調布市、神代植物公園
2009.4.28
オオバギボウシ
茨城県つくば市、筑波実験植物園
2012.7.10
オオバギボウシ
東京都新宿区、新宿御苑
2008.7.21

品種

名称

唐擬宝珠(とうぎぼうし)

特徴
日本海側に自生し、やや日向ぎみの場所に生息する。
オオバギボウシ
茨城県つくば市、筑波実験植物園
2012.7.10
TOPへ戻る