TOPへ戻る
最終更新日:2012.6.25
名称

オトメギボウシ(乙女擬宝珠)

学名
Hosta venusta
性状
多年草/冬季休眠
大きさ
高さ:15~30cm/葉長:9~13cm/花長:4cm
形態
ギボウシ属の中で最小品種。灰色がかった濃い緑色で、長楕円状被針形の葉が根生する。6~7月頃、花茎を立ち上げて総状花序を作り、下から順に1日花をやや下向きに咲かせる。花茎には3~4本の稜がある。花は漏斗状筒形で、色は淡紫色で、濃色の脈があり、中心部は白い。花の基部に苞がつく。
品種
斑入りなどの園芸品種がある。
原産地
韓国済州島
生育
強健で栽培容易。 耐寒性、耐陰性が強い。強光と乾燥には弱い。
利用
日陰の花壇、鉢植え。
オトメギボウシ
千葉県習志野市、自宅
2011.6.20
オトメギボウシ
千葉県習志野市、自宅
2012.6.20
オトメギボウシ
千葉県習志野市、自宅
2012.6.20
オトメギボウシ
千葉県習志野市、自宅
2012.6.20
TOPへ戻る