最終更新日:2017.10.15
名称

リュウノヒゲ(竜の鬚)

ジャノヒゲ(蛇の髭)
英名
Mondo grass
学名
Ophiopogon japonicus
分類
Asparagaceae
Ophiopogon(オフィオポゴン)
性状
多年草/常緑
大きさ
高さ:30~40cm/葉長:15~30cm/葉幅:2~3mm/花径:6~7mm/果径:8mm
形態
短い根茎を伸ばして繁殖し、株は半球形となる。根のところどころには、栄養分を蓄える塊根ができる。葉は硬く細長く、濃緑色で、根生する。7~8月頃、花茎を出して総状花序を作り、淡紫色の小花を多数下向きに咲かせる。果実は球形の痩果で果皮は薄くすぐ脱落する。種子は晩秋に光沢のある青色に熟す。
品種
小型の園芸品種「タマリュウ」や白い斑入り品種などがある。
原産地
日本(全国)、中国、朝鮮半島
生育
山野の林内に生える。強健で栽培容易。明るい日影を好む。
利用
庭園の下草、日陰のグランドカバー、鉢植え、草物盆栽。肥大した根に滋養、強壮、咳止、解熱、利尿等の薬効がある。
リュウノヒゲ
東京都新宿区、新宿御苑
2005.5.6
リュウノヒゲ
東京都新宿区、新宿御苑
2007.1.11
リュウノヒゲ
花が咲いている
東京都文京区、小石川植物園
2014.7.6
リュウノヒゲ
東京都文京区、小石川植物園
2014.7.6
リュウノヒゲ
果実
東京都新宿区、自宅、鉢植え
2004.1.3
名称

タマリュウ(玉竜)

チャボリュウノヒゲ(矮鶏竜の鬚)
英名
Dwarf mondo grass
学名
Ophiopogon japonicus ‘Tamaryu’
大きさ
高さ:7~12cm/葉長:3~10cm/葉幅:2~3mm/花径:6~7mm/果径:8mm
形態
株は半球形となり、さらに絨毯状に広がる。葉は短くてコンパクトにまとまる。
タマリュウ
東京都新宿区、住宅
2005.11.24
タマリュウ
東京都新宿区、病院
2005.6.27
タマリュウ
東京都新宿区、新宿御苑
2005.7.3
タマリュウ
果実
千葉県習志野市、住宅
2006.12.30
NOTE
ページ top