TOPへ戻る
最終更新日:2020.8.1
名称

クレマティス・シルホサ (クレマティス・キルローサ)

英名
Winter clematis
学名
Clematis cirrhosa
解説
シルホサ系」に分類される。
性状
半木本/夏季落葉/蔓性(葉柄による巻きつき)
大きさ
小葉長:4~6cm/花径:20~30mm
形態
茎は細く褐色を帯び、葉柄が他物に巻きつきながら成長する。葉は3出複葉〜2回3出複葉で、対生する。小葉は先が尖った卵形で、光沢があり、粗い鋸歯がある。真夏に一時休眠し、葉を落とす。秋口から葉を展開させ、10~3月頃、前年枝の葉腋に長い花柄を伸ばして花を咲かせる。花はベル形で下向き、蕾も下向き。花弁はなく、花弁のように見える萼片が4枚つく。中央にはクリーム色の雄しべが多数ある。果実は白い羽毛状の毛ががついた痩果で、多数集まって箒状になる。
品種
園芸品種がいろいろある。
原産地
地中海沿岸
生育
日当たりと適度な湿度のある場所を好む。弱剪定。耐寒温度は-15℃程度。
利用
トレリス、パーゴラ、フェンスなどにからませ、花壇植えや鉢植え。
クレマティス・シルホサ
千葉県千葉市、三陽メディアフラワーミュージアム
2014.9.10
クレマティス・シルホサ
千葉県千葉市、花の美術館
2011.10.22
クレマティス・シルホサ
千葉県千葉市、公共施設
2017.11.15
クレマティス・シルホサ
千葉県千葉市、花の美術館
2011.10.22
クレマティス・シルホサ
千葉県千葉市、花の美術館
2011.10.22
クレマティス・シルホサ
千葉県千葉市、公共施設
2017.11.15
クレマティス・シルホサ
千葉県千葉市、花の美術館
2011.10.22
クレマティス・シルホサ
千葉県千葉市、花の美術館
2011.10.22
クレマティス・シルホサ
千葉県千葉市、公共施設
2017.11.15
クレマティス・シルホサ
果実
千葉県千葉市、花の美術館
2012.1.5
TOPへ戻る