TOPへ戻る
最終更新日:2020.8.1
名称

センニンソウ(仙人草)

英名
Autumn clematis, Japanese clematis
学名
Clematis terniflora
解説
フラミュラ系」に分類される。
名の由来
「センニンソウ」は、果実の羽毛状の白い毛を仙人の長い鬚に見立てた。
性状
半木本/冬季落葉(暖地では常緑)/蔓性(葉柄による巻きつき)
大きさ
小葉長:4~6cm/花径:20~30mm/果長:0.7~1cm
形態
葉柄が他物に巻きつきながら成長する。葉は奇数羽状複葉で、対生する。小葉は3~7枚で、全縁の先が尖った卵形。8~9月頃、葉腋から花序を出し、長い花柄の先に多数の白色の花を咲かせる。花は平開形で上向き、蕾も上向き。花弁はなく、花弁のように見える長楕円形の萼片が4枚平開し、白色の雄しべが多数放射状につく。果実は先が尖った卵形の平たい痩果で、先端には羽毛状の白い毛がつき、長く伸びる。
類似
「センニンソウ」は、小葉が全縁。雄しべが萼片より短い。蕾の先が尖る。痩果は扁平。
ボタンヅル」は、小葉に粗い鋸歯がある。雄しべは萼片とほぼ同じ長さ。蕾の先は丸い。痩果は卵形。
原産地
日本(北海道南部~九州)、中国、朝鮮
生育
山地、土手、道端などに自生する。
利用
葉茎は有毒。葉や茎の汁が皮膚に付着するとかぶれることがある。
センニンソウ
千葉県習志野市、自宅
2013.9.12
センニンソウ
千葉県習志野市、自宅
2012.9.3
センニンソウ
千葉県千葉市、緑地
2007.9.22
センニンソウ
千葉県千葉市、緑地
2007.9.22
センニンソウ
千葉県習志野市、自宅
2012.10.10
センニンソウ
千葉県習志野市、自宅
2012.12.5
センニンソウ
千葉県習志野市、自宅
2019.2.2
センニンソウ
千葉県習志野市、自宅
2013.7.20
センニンソウ
千葉県千葉市、緑地
2007.9.22
センニンソウ
果実
千葉県習志野市、自宅
2012.12.5
NOTE
TOPへ戻る