TOPへ戻る
最終更新日:2015.2.18
名称

ブルーファンフラワー

スカエボラ・アエムラ
英名
Blue fanflower, Fairy fanflower
学名
Scaevola aemula
名の由来
「ブルーファンフラワー」は、扇状に広がる花の形と花色から。
性状
多年草/常緑/匍匐性
大きさ
高さ:5~20cm/葉長:1~2cm/花径:10~15mm
形態
茎を横に伸ばし、株が広がる。葉は緑色の楕円形で光沢があり、鉅歯があり、互生する。4~10月頃、葉腋に5枚の羽の扇を広げたような花を咲かせる。
品種
花色は白、黄、ピンク、青、紫、複色のものなどがあり、花が大きく、花つきがいい園芸品種がいろいろある。
原産地
オーストラリア南東部
生育
日当り水はけ良く。高温多湿を嫌う。耐寒温度は2~3℃程度。
利用
庭植え、グランドカバー、鉢植え、吊り鉢。

品種

ブルーファンフラワー
東京都江東区、夢の島熱帯植物館
2012.6.3
ブルーファンフラワー
東京都江東区、夢の島熱帯植物館
2012.6.3
ブルーファンフラワー
東京都江東区、夢の島熱帯植物館
2012.6.3
ブルーファンフラワー
東京都江東区、夢の島熱帯植物館
2012.6.3
ブルーファンフラワー
東京都江東区、木場公園
2012.7.22
ブルーファンフラワー
東京都江東区、木場公園
2012.7.22
ブルーファンフラワー
茨城県つくば市、筑波実験植物園、温室
2014.8.31
ブルーファンフラワー
茨城県つくば市、筑波実験植物園、温室
2014.8.31
TOPへ戻る