TOPへ戻る
最終更新日:2012.8.6
名称

ヒメイワダレソウ(姫岩垂草)

リッピア
英名
Carpetweed, Fogfruit
学名
Phyla canescens
Lippia canescens
名の由来
「リッピア」は、旧学名。
性状
多年草/常緑(寒地では冬季落葉)/匍匐性
大きさ
高さ:5~10cm/葉長:1~1.5cm/花序径:1cm/花径:3~4mm
形態
茎が地表を這って伸び、各節から根を出して分枝しながら繁茂する。葉は楕円形で、先半分に鋸歯があり、対生する。5~9月頃、葉腋から花茎が直立し、枝先に半球形の花序をつける。花は白~淡ピンクで中央部が黄色い。種子はできない(不稔性)。
原産地
東南アジア、南アメリカ
生育
日当たり、水はけの良い場所を好む。繁殖力が強く、踏圧に強い。乾燥に強い。寒さで冬季落葉することもあるが、耐寒性がやや強く、春に芽吹く。
利用
庭植え、鉢植え、グランドカバー、ハンギング、農地の雑草対策、建物緑化植物。
ヒメイワダレソウ
千葉県習志野市、自宅
2012.5.30
ヒメイワダレソウ
東京都新宿区、自宅、鉢植え
2010.5.25
ヒメイワダレソウ
東京都新宿区、自宅、鉢植え
2010.5.25
ヒメイワダレソウ
東京都新宿区、自宅、鉢植え
2010.5.25
NOTE
TOPへ戻る