最終更新日:2017.11.15
名称

マグワ(真桑)

クワ(桑)
カラグワ(唐桑)
トウグワ(唐桑)
英名
White mulberry
学名
Morus alba
分類
Moraceae
Morus(モルス)
性状
高木/冬季落葉/雌雄異株または雌雄異花
大きさ
高さ:10~15m/葉身長:6~16cm/葉柄長:2~4cm/雄花序長:4~7cm/雌花序長:5~10mm
形態
樹皮は灰褐色で縦に不規則な筋がある。葉は先が尖った楕円形、もしくは3~5裂し、やや粗い鋸歯があり、互生する。分裂葉と不分裂葉が混在するが、幼木ほど分裂葉が多い。葉の先端はやや丸くなる傾向がある。4~5月頃、本年枝の下部の葉腋に花序を作る。雄花、雌花とも黄白色の花で花弁はない。雌花の花柱はごく短く、先端は2裂する。6~7月頃、集合果を作り、白緑色→ピンク→赤→と黒紫色と変化しながら熟す。
類似
「マグワ」は、葉の先端がやや丸くなる傾向がある。雄花序が長い。花柱が短く、果実はなめらか。
ヤマグワ」は、葉の先端が尾状に伸びる傾向がある。雄花序が短い。花柱が長く、果実はざらざら。
コウゾ」は、春の新葉が赤い。果実が熟しても黒くならない。
品種
「ヤマグワ」との交雑種も多い。園芸品種には斑入りや枝垂れなどがあり、昔から盆栽や庭木にも利用されてきた。食用の品種も多数ある。
原産地
中国~朝鮮半島
生育
性質は強健。生育は早い。繁殖は挿し木、実生。
利用
かつては養蚕用に盛んに栽培されていた。庭木、公園樹。果実は食用になる。実、葉、樹皮は、漢方薬材となる。材は堅くて光沢があり、狂いが少ないので、床柱や和家具などに広く利用され、茶道具の材料としては最高級とされる。
マグワ
雄花
東京都新宿区、住宅
2010.4.30
マグワ
果実
東京都練馬区、集合住宅
2005.5.28

品種

名称

枝垂れ桑‘Pendula’

特徴
枝垂れ樹形。
シダレグワ
東京都新宿区、住宅
2005.7.10
NOTE
ページ top