TOPへ戻る
最終更新日:2017.12.1
名称

オオベニウチワ(大紅団扇)

アンスリウム・アンドレアナム
英名
Flamingo lily
学名
Anthurium andraeanum
性状
多年草/常緑/着生植物
大きさ
高さ:30~80cm/葉身長:10~20cm/葉柄長:20〜50cm/仏炎苞長:6~16cm
形態
地面から直接葉柄を伸ばし、叢生する。原産地では、樹上などに着生する場合もある。葉は光沢がある緑色で、長いハート形。地面から直接花柄を伸ばし、基部に光沢がある赤色の仏炎苞がある黄色い肉穂花序を作る。果実は液果の集合果。
品種
仏炎苞の色が白、ピンク、緑、紫、茶褐色などの品種や、ごく小型の品種などがある。
原産地
コロンビア、エクアドル
生育
高温多湿を好む。直射日光の当たらない明るい日陰で。乾燥と低温に弱い。
利用
鉢植え、切花。有毒。
オオベニウチワ
千葉県千葉市、三陽メディアフラワーミュージアム、温室
2016.2.18
オオベニウチワ
千葉県千葉市、花の美術館、温室
2012.9.9
オオベニウチワ
千葉県千葉市、花の美術館、温室
2012.9.9
オオベニウチワ
千葉県千葉市、花の美術館、温室
2012.9.9
オオベニウチワ
仏炎苞
千葉県千葉市、花の美術館、温室
2012.9.9
オオベニウチワ
仏炎苞
千葉県千葉市、花の美術館、温室
2012.9.9
オオベニウチワ
仏炎苞
千葉県千葉市、花の美術館、温室
2012.9.9
TOPへ戻る