最終更新日:2018.5.1
名称

カラディウム・ホルツラヌム

学名
Caladium x hortulanum
分類
Araceae
Caladium(カラディウム)
性状
多年草/冬季休眠/球茎
大きさ
高さ:20~60cm/葉身長:10~30cm/葉柄長:10~50cm
形態
地下には球茎がある。地面から直接葉柄を伸ばし、叢生する。葉はハート形〜矢尻形で、葉の色は様々で、白や赤の斑や網目模様が入る。地面から直接花柄を伸ばし、白い仏炎苞に包まれた肉穂花序を作る。
品種
葉の色模様がさまざまな品種がある。また、小型矮性種もある。
原産地
種間交雑の園芸品種。
交配親は「カラディウム・ビコロル C. bicolor」〔熱帯アメリカ原産〕、「カラディウム・ピクツラツム C. picturatum」〔熱帯アメリカ原産〕など。
生育
明るい日影を好む。生育適温は25℃程度以上で、寒くなると地上部が枯れて休眠状態になるので断水する。球根の耐寒温度は5℃程度。
利用
鉢植え、花壇植え。主に葉を鑑賞する。全体が有毒。
カラディウム・ホルツラヌム
東京都江東区、夢の島熱帯植物館、ハンギングバスケット
2012.9.16

品種

名称

キャンディダム‘Candidum’

特徴
葉脈と葉縁が緑色で、他全体が白い。古くから普及している。
カラディウム・ホルツラヌム ‘キャンディダム’
東京都江東区、夢の島熱帯植物館、館内、鉢植え
2005.6.11
名称

ジューンブライド‘June Bride’

特徴
葉縁と葉縁付近の細かい葉脈が緑色で、主脈を含む他全体が白緑色。
カラディウム・ホルツラヌム ‘ジューンブライド’
千葉県習志野市、自宅、鉢植え
2017.8.21
名称

ホワイト・クリスマス‘White Christmas’

特徴
葉脈と葉縁が緑色で、他全体が白緑色。葉脈が細かい部分まで網目状に浮き出る。
カラディウム・ホルツラヌム ‘ホワイト・クリスマス’
千葉県習志野市、自宅、鉢植え
2015.7.30
ページ top