最終更新日:2019.1.15
名称

コリアンダー

コエンドロ
シャンツァイ(香菜)
パクチー
英名
Coriander
学名
Coriandrum sativum
分類
Apiaceae (Umbelliferae)
Coriandrum(コリアンドルム)
名の由来
「コエンドロ」は、ポルトガル語の「コエントロ Cooentro」が訛った。
性状
一年草(秋~初夏の越年性、または春~夏)
大きさ
高さ:60~90cm/葉柄長:5〜12cm/花径:10mm/果径:0.4~0.5cm
形態
若いうちは長い葉柄の葉が根生し、付け根付近で互生して重なる。成熟すると茎を伸ばし、上部で分枝する。下部の葉は1~2回奇数羽状複葉で、小葉は細かく深裂する。上部の葉は小葉の切れ込みが深くなり線形になる。長い葉柄の基部には短い葉鞘がある。葉には強い香りがある。6~7月頃、茎頂に複散形花序を作る。花は淡紅色を帯びた白色の5弁花で、花弁は中心に向かってくるりと巻き込む。花序の外側に位置する花弁は大きく、平開する。5花弁のうち3個が大きく、1個は2裂し、4個の大きな花弁があるように見えるものが多い。雄しべは5個で、葯は薄赤紫色。果実は球形で縦に筋があり、薄茶色に熟す。
原産地
南ヨーロッパ、地中海沿岸
生育
水はけ、日当たり良く栽培。寒さに強く高温多湿に弱い。種蒔きは春または秋だが、食用に葉を収穫するなら秋が適する。
利用
若葉は中国料理、メキシコ料理、アジア料理に利用される。種子はカレー、肉料理、ケーキのスパイスに利用される。種子からアロマオイルが作られる。
コリアンダー
千葉県千葉市、畑
2012.9.5
コリアンダー
千葉県千葉市、畑
2012.9.5
コリアンダー
千葉県千葉市、畑
2012.9.5
コリアンダー
千葉県千葉市、畑
2012.9.5
コリアンダー
東京都新宿区、公園
2007.5.23
コリアンダー
果実(未熟)
東京都新宿区、公園
2007.5.23
コリアンダー
果実
千葉県千葉市、畑
2012.10.13
NOTE
ページ top