最終更新日:2019.1.15
名称

フェンネル

ウイキョウ(茴香)
英名
Fennel
学名
Foeniculum vulgare
分類
Apiaceae (Umbelliferae)
Foeniculum(フォエニクルム)
性状
多年草/冬季休眠
大きさ
高さ:1~2m/葉身長:20〜50cm/葉柄長:5〜20cm/花序径:15cm/花径:2mm/果長:0.7~1cm
形態

冬季は地上部が枯れて休眠し、早春に長い葉柄の葉を根生させる。葉は付け根付近で互生して重なる。暖かくなると茎を伸ばし、上部で分枝する。茎は地際から叢生する。茎は円柱状で柔らかく、白色を帯びた淡緑色。葉は3~4回奇数羽状複葉で、小葉は細長い糸状。下部の葉は長い葉柄があり、基部には葉鞘があり、茎を抱く。上部では葉柄は短くなる。6~8月頃、茎頂に複散形花序を作る。花は黄色の5弁花で、花弁は中心に向かってくるりと巻き込む。雄しべは5個で、葯は黄色。果実は長楕円形で縦に筋があり、薄茶色に熟す。

品種
株元が肥大して野菜として利用されるものや、葉色が違う観賞用の品種などがある。
原産地
地中海沿岸
生育
風通しがよく日当たりが良い場所を好む。夏は涼しく、排水のいい砂質地で。
利用
消化促進、消臭、肥満防止に効果があるハーブ。花はドライフラワーに利用される。葉茎は、スープや煮込み料理などの食用になる。フェンネルシードと呼ばれる種子は、甘い香りと苦味が特徴で、西洋では魚料理やピクルスの風味付けに、インドではカレー料理に、中国では五香粉の原料として用いられる。また、種子を粉砕して水蒸気蒸留し、精油がとれる。

品種

名称

フローレンスフェンネル

学名
Foeniculum vulgare var. azoricum
特徴
株元が肥大し、食用に利用される。
フローレンスフェンネル
千葉県千葉市、三陽メディアフラワーミュージアム
2014.4.8
名称

スイートフェンネル

学名
Foeniculum vulgare var. dulce
特徴
香りが強い。ハーブとして活用される一般的な品種。
フェンネル
千葉県習志野市、自宅
2015.2.19
フェンネル
千葉県習志野市、自宅
2015.5.9
フェンネル
千葉県習志野市、自宅
2016.5.15
フェンネル
千葉県習志野市、自宅
2016.6.1
フェンネル
千葉県習志野市、自宅
2016.6.1
フェンネル
千葉県習志野市、宅地
2007.7.16
フェンネル
地際の茎の付け根
千葉県習志野市、自宅
2014.7.13
フェンネル
芽出し
千葉県習志野市、自宅
2015.3.23
フェンネル
千葉県習志野市、公園
2013.4.28
フェンネル
千葉県習志野市、宅地
2007.7.16
フェンネル
千葉県習志野市、自宅
2015.6.20
フェンネル
千葉県習志野市、自宅
2016.6.1
フェンネル
千葉県習志野市、宅地
2007.7.16
フェンネル
果実(未熟)
千葉県習志野市、自宅
2016.7.12
フェンネル
果実
千葉県習志野市、自宅
2016.7.28
フェンネル
果実
千葉県習志野市、自宅
2016.7.28
名称

ブロンズフェンネル

学名
Foeniculum vulgare var. dulce ‘Rubrum’
特徴
茎葉が銅色で、観賞用に利用される。
ブロンズフェンネル
千葉県千葉市、三陽メディアフラワーミュージアム
2014.4.20
ブロンズフェンネル
千葉県千葉市、三陽メディアフラワーミュージアム
2018.5.22
ブロンズフェンネル
千葉県千葉市、三陽メディアフラワーミュージアム
2016.6.11
ブロンズフェンネル
千葉県千葉市、三陽メディアフラワーミュージアム
2018.5.22
NOTE
ページ top