最終更新日:2019.1.15
名称

ハマボウフウ(浜防風)

英名
Beach silvertop, American silvertop
学名
Glehnia littoralis
Phellopterus littoralis
分類
Apiaceae (Umbelliferae)
Glehnia(グレーニア)
名の由来
「ハマボウフウ」は、漢方薬で有名な中国産の「ボウフウ」の代用になり、海岸地帯に自生することから。
性状
多年草/常緑/球根(根茎)
大きさ
高さ:10~20cm/小葉長:1.5〜6cm/葉柄長:5〜15cm/花序径:10~15cm/花径:2mm/果長:4mm
形態
黄色っぽい根茎は、地中深く真っ直ぐ下に長く伸びる。茎はごく短く、葉が砂上にロゼット状に這い広がって育つ。葉は1~2回3出複葉で、小葉は楕円形で不規則な鋸歯がある。葉は肉厚で光沢があり、葉柄は赤紫味を帯び、付け根付近で互生して重なる。6~7月頃、花茎を立ち上げて、茎項に複散形花序を作る。花は白色の5弁花で、花弁は中心に向かってくるりと巻き込む。雄しべは5個で、葯は薄赤紫色。花柄には白い毛が密生する。果実は倒卵形で縦に筋があり、軟毛が密生する。薄緑色→赤紫色になり、薄茶色に熟す。果実は十数個が密着して、全体で球状に見える。
原産地
日本(北海道~沖縄)、東アジア、北アメリカ西部、アラスカ
生育
海岸地帯に自生する。
利用
新芽は食用にされる。根茎は薬用に利用される。
ハマボウフウ
東京都小平市、東京都薬用植物園
2010.5.30
ハマボウフウ
東京都小平市、東京都薬用植物園
2010.5.30
ハマボウフウ
東京都小平市、東京都薬用植物園
2010.5.30
ページ top