最終更新日:2019.1.15
名称

オヤブジラミ(雄藪虱)

学名
Torilis scabra
分類
Apiaceae (Umbelliferae)
Torilis(トリリス)
名の由来
「オヤブジラミ」は、「ヤブジラミ」によく似ていてやや果実が大きいことから。
性状
一年草(秋~翌初夏の越年性)
大きさ
高さ:30~80cm/葉身長:6〜12cm/葉柄長:2〜8cm/花径:2mm/果長:6〜8mm
形態
秋に芽生え、地表に貼り付くように葉を広げ、ロゼット状で越冬する。暖かくなると茎を伸ばし、上部で分枝する。茎には下向きの短毛が密生する。葉は3回3出複葉で、互生する。長い葉柄の基部には葉鞘がある。小葉は先が尖り、羽状に細かく切れ込む。4〜5月頃、複散形花序を作り、まばらにごく小さい5弁花を咲かせる。花弁は白色で、縁が赤味を帯びることが多い。開花時から子房が発達している。果実は長球形の2分果で、6月頃、茶色に熟す。果実の表面には鈎状の堅い毛が密生しており、動物や人の衣服にひっかかって散布されるひっつき虫のひとつ。茎や葉、果実などは、直射日光がよく当たる場所では赤味を帯び、日陰では緑色になる。
類似
よく似た「ヤブジラミ」は花期がやや遅く、花数が多い。小果柄が短い。
原産地
日本(本州~沖縄)、朝鮮、中国、台湾
成育
草原や林縁、道端などに自生する。
オヤブジラミ
千葉県習志野市、自宅
2016.3.6
オヤブジラミ
千葉県千葉市、畑
2015.5.4
オヤブジラミ
千葉県千葉市、畑
2015.5.4
オヤブジラミ
千葉県習志野市、自宅
2016.3.6
オヤブジラミ
葉と花
千葉県千葉市、畑
2015.5.4
オヤブジラミ
葉と花
千葉県習志野市、自宅
2015.5.9
オヤブジラミ
千葉県習志野市、自宅
2015.5.9
オヤブジラミ
果実(未熟)
千葉県習志野市、自宅
2015.5.14
オヤブジラミ
果実
千葉県習志野市、自宅
2015.6.20
ページ top