最終更新日:2019.2.1
名称

ツルドクダミ(蔓毒矯、蔓毒痛)

英名
Chinese knotweed
学名
Fallopia multiflora
Pleuropterus multiflorus
Polygonum multiflorum
分類
Polygonaceae
Fallopia(ファロピア)
名の由来
「ツルドクダミ」は、蔓性で葉が「ドクダミ」に似ていることから。
性状
多年草/雌雄異花/蔓性/塊根
大きさ
葉身長:3~6cm/葉柄長:2~4cm/花径:2mm
形態
土中に大きな塊根をつくる。茎は細く軟弱で、よく分枝しながら、他物に巻きついて成長する。葉はハート形〜長ハート形で、柄があり互生する。葉柄の根元には鞘状の托葉がある。8~10月頃、葉腋から円錐花序を作り、多数の雄花と雌花を混在してつける。花には花弁はなく白色〜黄白色の萼片が5深裂する。果実は3個の翼がある痩果。
原産地
中国
生育
丘陵地や平地の道端、都会の石垣などに自生する。
利用
塊根は「何首烏(かしゅう)」といい、薬用に利用される。
ツルドクダミ
東京都文京区、小石川植物園
2007.10.6
ツルドクダミ
東京都文京区、小石川植物園
2007.10.6
ツルドクダミ
東京都文京区、小石川植物園
2007.10.6
ツルドクダミ
東京都文京区、小石川植物園
2007.10.6
NOTE
ページ top