最終更新日:2019.2.15
名称

ママコノシリヌグイ(継子の尻拭い)

トゲソバ(棘蕎麦)
学名
Persicaria senticosa
Polygonum senticosum
Truellum japonicum
分類
Polygonaceae
Persicaria(ペルシカリア)
名の由来
「ママコノシリヌグイ」は、棘だらけの茎や葉で憎い継子の尻を拭いていじめたいということから。
性状
一年草/半蔓性(棘)/水生(湿性)
大きさ
高さ:70〜100cm/葉身長:3〜8cm/葉柄長:3〜8cm/花序径:10〜12mm/花径:3〜6mm
形態
茎は軟弱で、四稜があり、分枝して、逆向きの鋭い棘に覆われ、棘で他物にひっかかりながら、よじ登ったり地面を匍匐したりしながら成長する。葉柄や花柄も、茎と同様に棘に覆われる。葉は三角形〜矛形で、葉裏には棘があり、葉柄があり、互生する。葉柄の基部には腎円形の托葉があり、茎を抱く。5〜10月頃、茎頂に半球形の花序を作り、10個ほどの鮮やかなピンク色の花を咲かせる。花弁に見える部分は萼で、先端が5裂する。花被片は先端部がピンク色で、基部が白い。蕾の状態でも花後の状態でも同じような色なので、長期間花が咲いているように見える。果実ははっきりしない3稜がある卵球形の痩果で、花被片に覆われたまま黒く熟す。
原産地
日本(北海道~九州)、中国、朝鮮半島
生育
湿気の多い野原や土手、水田地帯の用水路などに自生する。
ママコノシリヌグイ
千葉県千葉市、河川沿いの道端
2014.9.13
ママコノシリヌグイ
千葉県千葉市、河川沿いの道端
2014.9.13
ママコノシリヌグイ
葉と茎
千葉県千葉市、河川沿いの道端
2014.9.12
ママコノシリヌグイ
茎と托葉
千葉県千葉市、河川沿いの道端
2014.9.13
ママコノシリヌグイ
千葉県千葉市、河川沿いの道端
2014.9.12
ママコノシリヌグイ
花と果実
千葉県千葉市、河川沿いの道端
2014.9.12
ページ top