最終更新日:2019.2.15
名称

ルバーブ

ショクヨウダイオウ(食用大黄)
マルバダイオウ(丸葉大黄)
英名
Rhubarb
学名
Rheum rhabarbarum
分類
Polygonaceae
Rheum(レウム)
性状
多年草/小さい芽で越冬/根茎
大きさ
高さ:100~200cm/葉身長:30~50cm/葉柄長:20~40cm/葉柄径:2~3cm
形態
茎は太く直立し、縦に稜線がある。根生葉は太くて長い葉柄があり、卵形で、全体が大きく波打つ。葉柄は基部が赤味がかるものが多い。茎生葉も葉柄があり、互生する。春に花茎が立ち上がり、5~6月頃、茎上部が分枝し、淡黄色の小花を多数咲かせる。果実は痩果。根茎は発芽2年めくらいから次第に木質化し、四方に広がり大株になる。冬には小さい芽で越冬する。
品種
収穫時期の違うものや、葉柄の色合いの違うものなど、品種がいろいろある。
原産地
シベリア南部
生育
弱アルカリ性の土壌を好む。半日陰で適度に湿り気がある場所で。高温に弱い。光を遮ることによって葉柄の赤味が増す。春に播種、1年目は早めに花茎を切り取り、2年目以降の花が咲く前に葉柄を収穫する。
利用
庭植え。葉柄が食用に利用される。さわやかな香りと強い酸味があり、ジャムやコンポートなどに利用される。葉にはシュウ酸が含まれており、毒性がある。
ルバーブ
千葉県習志野市、畑
2016.5.1
ルバーブ
千葉県千葉市、三陽メディアフラワーミュージアム
2014.4.27
ルバーブ
千葉県千葉市、三陽メディアフラワーミュージアム
2014.4.27
ルバーブ
葉柄の色が鮮やかな品種は観賞用に
千葉県八千代市、京成バラ園
2016.5.16
ルバーブ
葉柄
千葉県習志野市、畑
2016.5.1
ルバーブ
千葉県千葉市、三陽メディアフラワーミュージアム
2014.4.27
ページ top