最終更新日:2019.4.15
名称

ハスノハカズラ(蓮の葉葛)

イヌツヅラフジ(犬葛藤)
英名
Snake vine
学名
Stephania japonica
分類
Menispermaceae
Sinomenium(シノメニウム)
名の由来
「ハスノハカズラ」は、葉と葉柄が蓮の葉に似て盾状につくことから。
性状
木本/半常緑/蔓性(巻きつき)/雌雄異株
大きさ
葉身長:5~12cm/葉柄長:4~12cm/花径:1.2〜1.5mm/果長:0.6〜0.8cm/種子径:5~6mm
形態
茎が他物に巻きつきながら生長する。葉は三角状広卵型で、互生する。葉柄は葉身に盾状につく。7~9月頃、葉腋に複散形花序を作り、淡緑色の小花を多数咲かせる。雌花雄花ともに花弁は3~4枚。雄花の萼片は6~8個で、雌花の萼片は3~4個。雄花の雄しべは合着して1本の円柱状になり、葯は円盤状になる。雌花の子房は卵形。果実はやや縦長の球形の液果で、橙色→朱赤色になり、10〜12月頃熟す。種子はやや扁平で両側が凹み、周囲に鎖状の隆起がある。
原産地
日本(本州東海地方~沖縄)、朝鮮、中国、台湾、東南アジア、オセアニア、太平洋諸島
生育
低地の林縁などに自生。
利用
海岸に近い低山地や草原、林縁などに自生。
ハスノハカズラ
東京都文京区、小石川植物園
2014.7.6
ハスノハカズラ
東京都文京区、小石川植物園
2014.7.6
ハスノハカズラ
雄花
東京都文京区、小石川植物園
2014.7.6
ハスノハカズラ
雄花
東京都文京区、小石川植物園
2014.7.6
ハスノハカズラ
雌花
東京都文京区、小石川植物園
2014.7.6
ページ top