TOPへ戻る
最終更新日:2019.6.1
名称

トラデスカンティア・パリダ

セクトレアセア
ムラサキゴテン(紫御殿)
ムラサキオオツユクサ(紫大露草)
英名
Purple queen, Purple heart, Pink spiderwort
学名
Tradescantia pallida
Setcreasea pallida
名の由来
「セクトレアセア」は、旧属名。
性状
多年草/常緑/匍匐性
大きさ
高さ:30~40cm/葉身長:10~15cm/葉幅:2~3cm/花径:15〜20mm
形態
根は多肉質で太い。茎はよく分枝して匍匐し、地についた節から発根して広がり、茎先は斜上する。茎と葉は光沢が無い灰紫色で、表面は細かい毛で覆われる。葉は先が尖った狭卵形〜狭楕円形で、互生する。葉の基部は茎を抱く。春〜秋に枝先に花序を作り、花弁が3個の花を1~2個咲かせる。花弁は桃紅色で先端が白っぽい。雄しべの花糸はピンク色で同色の毛が生える。葯は黄色。
原産地
メキシコ

品種

名称

‘プルプレア’‘Purpurea’

トラデスカンティア・パリダ ‘プルプレア’
東京都新宿区、集合住宅
2005.9.27
トラデスカンティア・パリダ ‘プルプレア’
東京都新宿区、公園
2007.9.26
NOTE
TOPへ戻る