TOPへ戻る
最終更新日:2019.6.15
名称

インパチェンス

アフリカホウセンカ(アフリカ鳳仙花)
英名
Bizzy lizzy
学名
Impatiens walleriana
Impatiens sultanii
名の由来
「インパチェンス」の名は、ツリフネソウ属全体を指すが、通常「インパチェンス」の名で流通するのはこの「Impatiens walleriana」。
性状
多年草〜亜低木/常緑
大きさ
高さ:20~60cm/葉身長:3~6cm/葉幅:2~4cm/葉柄長:0.5~1cm/花径:30~40mm
形態
株元から分枝する。葉は先の尖った卵形で、鋸歯があり、互生する。7~9月頃、葉腋に2~3個ずつ、赤い花を咲かせる。花の後方には距が長く伸びるが、花弁が平開するので、正面からだと距はあまり目立たない。果実は蒴果で、熟すとわずかな刺激で弾け、種を遠くに飛ばす。
品種
葉色の濃いものや斑入りなどがある。花色は、白、淡桃、桃、濃桃、赤、濃赤、橙や、花弁に筋が入るものなど、様々。八重咲きもある。
原産地
熱帯アフリカの高原地帯
生育
耐寒性がないため、日本では一年草扱い。涼しい環境を好む。暑さ、直射日光、水切れに弱い。
利用
庭植え、鉢植え。
インパチェンス
千葉県千葉市、企業施設
2007.9.22
インパチェンス
千葉県千葉市、集合住宅
2006.8.6
インパチェンス
千葉県千葉市、集合住宅
2006.8.6
インパチェンス
千葉県千葉市、集合住宅
2006.8.6
インパチェンス
千葉県千葉市、集合住宅
2006.8.6

品種

特徴
八重咲き。
インパチェンス
東京都中野区、住宅、鉢植え
2006.6.8
インパチェンス
千葉県千葉市、集合住宅、鉢植え
2012.6.18
NOTE
TOPへ戻る