最終更新日:2019.8.1
名称

ユウスゲ(夕萓)

キスゲ(黄萓)
学名
Hemerocallis citrina var. vespertina
Hemerocallis vespertina
Hemerocallis thunbergii
分類
Asphodelaceae
Hemerocallis(ヘメロカリス)
名の由来
「ユウスゲ」は、夕方開花するところから。
性状
多年草/冬季休眠
大きさ
高さ:100~150cm/葉身長:40~60cm/葉幅:0.6~1.5cm/花長:7〜8cm
形態
春、新芽を出し、地際から細い剣形の葉が叢生する。葉の先端は湾曲して垂れ下がる。6〜7月頃、花茎を伸ばして、筒状で薄黄色の花を斜め上向きに咲かせる。花は花被片が6個。夕方咲き始めて翌日の午前中くらいまで開く。花には弱い芳香がある。果実は長球形の蒴果で、先端に3つの凹みがある。
原産地
日本(本州、四国、九州)、中国
成育
山地の草原や林縁に自生する。
利用
庭植え。
ユウスゲ
東京都文京区、小石川植物園
2014.7.6
ユウスゲ
東京都文京区、小石川植物園
2014.7.6
ユウスゲ
山梨県富士吉田市、自衛隊北富士演習場
2018.8.19
ユウスゲ
山梨県富士吉田市、自衛隊北富士演習場
2018.8.19
ページ top