TOPへ戻る
最終更新日:2019.8.1
名称

フォルミウム・テナックス

ニューサイラン(入才蘭、新西蘭)
マオラン(真麻蘭、苧麻蘭)
ニュージーランドアサ(ニュージーランド麻)
英名
New Zealand flax, New Zealand hemp
学名
Phormium tenax
名の由来
「新西蘭」は、原産地のニュージーランドは漢字で“新西蘭”と書くので、読み方を変えた名前。
性状
多年草/常緑
大きさ
高さ:300~500cm/葉身長:100~300cm/葉幅:5~10cm/花長:2.5~5cm/果長:5~10cm
形態
地際から剣形の葉が叢生する。葉は濃緑色で、基部は重なり合い、先端は直立、またはやや垂れる。6~7月頃(原産地では12〜翌1月頃)、花茎を伸ばして、茎頂に円錐花序を作り、筒状の花を咲かせる。外側の萼片が赤色、内側の花が黄色。果実は蒴果。
品種
葉色が違うものや、斑が入る園芸品種がある。
原産地
ニュージーランド、オーストラリアのノーフォーク島
生育
海岸地帯に自生する。やや湿った土壌と日向を好む。冬場は凍らない程度の温度で越冬。秋に、傷んだ葉を地際より切り戻すと、春には新芽が出てくる。
利用
花壇、鉢植え観葉、生花、フラワーアレンジメント。葉から採れる繊維は、製紙の原料やロープ等の原料となる。
TOPへ戻る